公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

【おすすめ予備校】失敗しない公認会計士試験勉強法。失敗しない予備校選びのポイントは?

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20190825115316p:plain



 

 

公認会計士試験の予備校選び

公認会計士試験の勉強をしているみなさん、検討中の皆さん、

予備校はどこに行かれてますか?

または、どこで勉強を始めようとしていますか?

 

一般的には、選択肢は4つ程度。

  • 有名大手予備校(大原簿記専門学校、TAC)に通う
  • 中小規模の独自の強みを持った予備校(クレアール、LEC、東京CPA)に通う
  • 独学で頑張る
  • いずれかの予備校の通信教育を受ける

 

この中で自分に合った方法を選ぶことになります。

 

失敗した予備校選びと新たな決意

僕は最初、ICOライセンススクールというニッチなところに入りました。

なんでそこを選んだかと言うと、

自分はそんなに賢くないし、大手予備校の賢い人達に混じって勉強しても最短合格できない

とか、

最小限の努力で最短で合格したい

とか、しょーもないことを考えていたんです。

しょもーなくもないですが。。

当時は大真面目でした、、、。

 

でも僕は関西に住んでる都合上、通信教育になっちゃんたんですよね。東京にしかライブ授業のない予備校だったからです。

 

何も知らない僕はここでつまづきました。

予備校を責めるつもりもありませんが、当時の僕の環境からすると完全に失敗でした。。。

 

頑張って通信教育で授業を受けていましたが、理解力がそんなに優れていない自分は、分からないところを直接教えてもらわないと理解できなかったんです。

結局1年ほどそこで勉強しましたが、全く合格圏内には届かず、不合格。。

 

親に何十万円って授業料を払ってもらって本当にその頃は申し訳ない気持ちでいっぱいでした。。。今でも鮮明に覚えています

 

そんな時、友達が会計士試験の勉強を始めたので、どこで勉強するの?って聞いたら、

大手の予備校でする!って即答したんです。

 

大手はマンモス校で、それこそ優秀な人がバリバリ勉強しないと合格できないんじゃないか、、なんて不安がありました。

 

かといって、中途半端な気持ちでは出来ることも出来ない。

ぼくも友達がいるところで一緒に頑張ってみようと思って、親に頭を下げてもう1回チャンスが欲しいってお願いして大手予備校(大原)に行かせてもらいました。

 

ほんとに親不孝だなって自分でも思いました。。でも同時に絶対合格してやる!って覚悟ができたのもここからです。

f:id:wankorokun:20180322215737p:image

 

大学と予備校のダブルスクールへ

大学との両立で予備校に通う毎日で、

正直辛い時期のことをすごく鮮明に覚えています。

みんなが楽しく大学生活を送っている中、

自分は何をしてるんだろう?

って幾度となく思いました。

 

でも自分が決めたことだし頑張ろうと思って、予備校に通い続け、

何回か不合格で諦めそうになりましたが、最終的には合格しました。

合格するまでのことを全部書いてると本1冊ぐらいになりそうなのでやめときますが、、、笑

 

 

これがなければ合格しなかっただろうなって思うところが4点かありますので、この点は紹介したいと思います。

 

僕が公認会計士試験に合格できたのは〇〇の予備校を選んだから。

受験時代はたくさん失敗して遠回りしました。

でも失敗する度に学ぶことも多くありました。

そんな僕なりの合格のための必須ポイントはこの4点に集約されます。

 

予備校選びの必須ポイント4点

 

1. 直接教えてもらえる講師のいる予備校に通う。そしてわからないところを納得するまで質問する

2. 通信教育じゃなくて、ライブで講義を受講する

3. 答練も教室で必ず受ける

4. 切磋琢磨する同志に出会う

 

当たり前のようですが、これはすごく大切です。

合格だけを考えると、頭の良い人は独学で勝手にスピード上げて勉強した方が早いかもしれません。

でも、これだけは言っておきます。

普通の人には独学で合格なんて無理です。

 

大切なのでもう一度言います。

 

普通の人には独学で合格なんて無理です。

 

正直そんなに甘くない世界です。特に当時は合格率すごく低かった。

 

 

その時に予備校を変えていなかったら、今も合格できていないと思います。

合格する前に諦めていたと思います。

 

そして、一番財産になったのは、

当時一緒に勉強をしてた友人、先輩、後輩は今でもかけがえのない存在であり、本当に貴重な出会いです!

 

同じ業界で働いている友人もいれば、起業した友人もいる、税理士に特化した友人もいる、途中で諦めたけど有名企業に入社して頑張っている人もいる。

 

この色んな人と出会いがあったことが今後も一生の財産になるんだろうなって思います。

 

 

もしこれから勉強を始めようと思っている方、

完全に個人的な意見ですが、大手の予備校に入って勉強することをおすすめします!

受験生の大多数を占める母集団の中で勉強するのってやっぱり大切ですよ!

 

通信講座でやろうと思ってる人は、その前に1度この記事を読んでみてください。

➡︎公認会計士試験にはWEB講座(通信講座)だけでも合格できるのか?独学で合格できるのか? - 公認会計士わんころくんの人生戦略

 

※他の予備校がダメって言ってる訳では決してありません。自分の経験をもとに思いを書きました。

 

受験生のみなさん、応援しています!!

一緒に業界を盛り上げていきましょう!

 

クレアール公認会計士講座
今、会計士受験業界で話題の「非常識合格法」で効率的に合格が目指せます。

 

LEC東京リーガルマインド

 

【関連記事】

公認会計士試験は学生が有利なのか?社会人が働きながら勉強した場合の勝算は? - 公認会計士わんころくんの人生戦略

 

公認会計士試験に受からない原因のほとんどは、低い計算力にあり。高い計算力をつける3つのポイント。 - 公認会計士わんころくんの人生戦略

 

公認会計士試験に短期合格できる人は何が違うのか?凡人が合格する為に絶対必要な3つのポイント。 - 公認会計士わんころくんの人生戦略

 

簿記は野球で言う「素振り」と同じ。簿記が出来るようになりたければ、ひたすら続けなさい。 - 公認会計士わんころくんの人生戦略

 

 

スポンサーリンク