公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有したい。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

公認会計士と税理士はどう違うのか?その業務、収入、試験制度。

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20180412231301p:image

公認会計士と税理士の使命の違い

公認会計士は「会計」と「監査」の専門家として日本経済の基盤を支える幅広い役割を果たしています。

公認会計士法という会計士が守るべき法律に、

公認会計士は、監査および会計の専門家として、

独立した立場において、

財務書類、その他財務に関する情報の信頼性を確保することにより、

会社等の公正な事業活動、投資者および債権者の保護等を図り、

もって国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする。

公認会計士法第1条)

と書かれています。

これは公認会計士試験を受験した方なら誰しもが耳にしていることであり、

また、ほとんどの方は暗記されているかと思います。

 

一方で税理士は、

税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、 納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命としています。

税理士法第1条)

と書かれています。

どちらかと言うと税理士は暮らしのパートナーとしてのイメージがありますよね。

税務代理業務であったり、税務相談業務は基本的には税理士が行なっています。

 

ここでややこしいのが、公認会計士でも税理士業務をされている方が多数います。

独立開業されている方であれば、僕の知っている限りではほとんどが、

公認会計士 税理士 ○○ ○○

と名刺に書いてあります。

この方は公認会計士であるけど、税理士としても仕事をしていることになります。

このあたりが、税理士とどう違うの?って思われる所以じゃないでしょうか。

(現行制度では、公認会計士や弁護士は登録申請をすることで税理士登録をすることが可能ですが、税理士は公認会計士登録をすることはできません)

 

公認会計士はどちらかというと、企業を相手に仕事をしている方が多いので、

日常生活ではあまり耳にしないのかもしれませんね。

 

試験制度の違い

公認会計士も税理士も、どちらも国家試験に合格する必要があります。

ただし、受験資格には違いがあります。

  • 公認会計士:制限はなく、基本的に誰でも受験可能です(こちらを参考にどうぞ)
  • 税理士:大学で一定の科目を履修していること、または、日商簿記1級を取得している者、など、誰でも受験できるわけではありません(こちらを参考にどうぞ)

また、試験については、

  • 公認会計士:6科目(うち、1つは選択科目)について、原則として一括で合格する必要がありますので、広範囲を一気に勉強する必要があります。
  • 税理士:11科目のうち、5科目に合格する必要があります。ただし、一度に5科目合格する必要はありません。

そういう意味では、公認会計士は短期決戦、税理士は長期スパンで科目合格を狙いに行く勉強スタイルが主流です(今年は2科目勉強しよう、といった感じですね)。

よく、「どちらが難しいですか?」と聞かれますが、それに答えはありません。

 

簡単に言えば、土俵が違います。

公認会計士受験生は、おそらく税理士試験の、「簿記論」「財務諸表論」は特段の対策なしに合格可能ですが、その他の税金科目は、対策なしに合格することは不可能でしょう。税務に対する知識の求められる深さや幅広さが違います。

一方、税理士受験生は、公認会計士試験の税金科目(法人税法所得税法消費税法)は難なく理解できると思いますが、その他の科目は太刀打ちできないでしょう。

 

似ているようで同じ土俵で比べることができる試験ではありません。

なので、どちらが難しいとかどちらが偉いとかいう問題ではなく、

どちらが自分に合っているか?で受験を決める必要があるでしょう。

 

独占業務の違い

独占業務とは、その資格がないとできない仕事ということです。

  • 公認会計士:独占業務は監査業務です。東芝事件などもあり、ある程度有名にはなりましたが、会社の財務諸表が適正かどうかについて意見を出す仕事です。
  • 税理士:独占業務は税務業務です。申告書作成、記帳代行、税務相談とかですね。

 

どっちが稼げるの?

これも一概に答えはありません。

なぜなら、人によってまちまちだからです。

目安とすれば、公認会計士監査法人に勤務すれば初任給は500万円程度(月額30万円程度)はもらえるでしょう(こちらの記事も参考にどうぞ)。

税理士の方は5科目一括合格する必要がないので、3科目程度合格したら働き始めている方が多いイメージです(少なくとも僕の周りでは)。

なので、初任給という意味では、公認会計士には届かないかもしれません。

20代であれば公認会計士の方が稼いでいるイメージですが、これも最終的にどうなるかは人それぞれですのでなんとも言えません。

ただ、法人勤務で限定すると、公認会計士の方が稼いでいるのではないでしょうか。

お客さんからもらう報酬が多いので、必然的に公認会計士自身のポケットに入る金額も増えるといったイメージです。

 

 

で、結局どっちが偉いの?

これよく受験生や、勉強しようか考えている人に聞かれるんです。

はっきり言いますが、

これを考えている時点でこの資格を目指すのは一旦立ち止まって考えた方がいいでしょう。

資格は取得するのが目的ではありません。資格を取得してからどう活かすかを考えましょう。

 

公認会計士と税理士がどちらが偉いというのはありませんが、

両者で若干しがらみがあるのも事実です(一時期、会計士は税理士登録できるのはおかしいなんていう論争も税理士業界から言われてましたが、一旦落ち着いたようです。。)

 

会計士か税理士かどちらにしようか迷っている方に、

1つだけ判断材料を与えられるとしたら、

グローバル企業を相手に経営を会計の視点から支えてみたいと思える方は会計士を目指されるのも良いのではないでしょうか。

少なくとも上場会社は監査が必須ですので、今のところ公認会計士であればそのチャンスは大きいかもしれません。

 

会計士と税理士について、もっと詳しく知りたい方は以下のサイトを参考にどうぞ。

日本公認会計士協会

日本税理士会連合会

 

ではまた。

 

 

スポンサーリンク