公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

士業としての独立開業について

スポンサーリンク

独立準備のマインドセット

巷には、起業とか副業とかの本がいっぱい出回っています。

例えば、
サラリーマンを辞めて独立した
とか
元銀行員が起業した
とか
公務員を辞めて起業した
とか。

でも、専門家である士業の方が、士業の方向けに書いた独立開業の本ってあんまり見ません。

例えば、
大手弁護士事務所勤めの弁護士が、個人事務所を開業した方法
とか
監査法人勤めの公認会計士が独立開業した方法
とか
税理士法人に勤めていた税理士が独立開業した方法
とか。
あんまりそんな本は売ってませんよね?

そんな方法売り出さなくても独立できるから需要がないってこと?
ってたまに思ってしまいますが、
そんなことはないと思います。
僕はとても求めていますから!笑

まぁ、でもサラリーマンを辞めて起業した
とか言う方がインパクトがありますもんね。

そんなことを考えていたのですが、
気になる本があったので購入しました。

まず1冊目。
ひとり税理士の仕事術。
公認会計士が独立したら税理士業務をする人も多くなると思うのでこういう本があると助かります。

そして続編。
ひとり税理士のIT仕事術。

ITリテラシーがないとこれからは置いていかれる時代になります。というか、既になっています。

会計士や税理士といった士業の方は、
知識と経験で勝負しようとする職人気質な節があるので、ITに対して、特にネットを使った営業や、効率化のためのIT活用に弱い人も多いのではないでしょうか?

この本を読んでると、
僕もこれやってるわーって思うところから、
こんな方法知らなかったなって思うところまで様々でした。

例えば、Macを使いながら、Windowsも利用できる方法があるなんて正直知りませんでした。

この本を書かれた井上陽一さん(@)さんは、
ブログも書かれています。
EX-IT | AI時代の雇われない・雇わない生き方

ブログを持つことの大切さなんかも本に書いてくれていました。
税理士さんですが、時代にあった戦略を建てられててすごいなって思います。


正直、あんまり会計士や税理士が書いた本で、
どうやってビジネスをしていくか?という視点で書かれた本は少ないので
こういった本は非常に参考になりました。

会計士や税理士が書いた、
専門的な本はいっぱいあるんですけどね。。。

同業者としては、そこではなくて、

独立してからどうやってキャリアを築いていくのか

という視点で書かれた本が魅力を感じますね。




スポンサーリンク