公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有したい。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

仮想通貨時代の銀行へ。Ginco、Bankeraのコンセプトが熱い?

スポンサーリンク

仮想通貨時代はいつくるのでしょうか?


いったんバブルは落ち着いた感がありますが、
それでもなお盛り上がりを見せている仮想通貨界隈。


最近また少しずつビットコインの価格が戻してくることがあったり、

相変わらずのボラティリティです。


そんな中、将来の仮想通貨の銀行を目指したサービスがでてきていますね。

まずは、Ginco

Gincoは仮想通貨のモバイルアプリです。

なんといってもこのコンセプト。

お金は銀行で
仮想通貨はGincoで


いいですね〜!

直感ですが、センスを感じます。

Gincoのホームページを見ていただくとわかりますが、
ホームページが素晴らしくおしゃれです。
そしてシンプルで視覚的。


アニメーション?って言ったらいいんですかね、
とりあえず美しいです。笑


Gincoが対応している仮想通貨はこちら。

  • Ethereum
  • Bitcoin
  • Augur
  • DigixDAO
  • TRON
  • OmiseGO
  • 0x
  • EOS
  • Kyber
  • Zilliqa
  • Status
  • Decentraland


ロードマップによると、
これからまだまだ対応通貨が追加される予定です。

ビットコインキャッシュライトコインモナコイン

さらには

リップル、ネオ、リスク

なんかも今後追加予定です。


そして、今後は
いろんなブロックチェーンのゲームやアプリと繋がり、仮想通貨がもっと利用しやすい環境作りに一役買うのではないでしょうか?


そしてBankera

Bankeraもコンセプトが似ています。


ブロックチェーン時代のための銀行


世界ではキャッシュレス化が進んでいますが、
日本ではまだまだ現金主義の方も多く、キャッシュレス化は進んでいないほうでしょう。


外国では
クレジットカードやデビットカードで支払うことが一般化しているようです。


日本でも10年後には

まだ現金使ってるの?
もったいないね〜

なんて声が聞こえてくるかもしれません。


BankeraICOを行なっていましたが、募集は終了しました。
今後は上場後に取引所で売買することになります。

上場取引所は、


spectro coin


HitBTC


バンクエラ 取引所


は決定しているようですね。


Bankeraを保有していると、
毎週イーサリアムで配当がもらえます。

いまのところ年利5%ぐらいでしょうか。

僕も実は少し持ってるので配当が入ってきています、

ちなみにこの画像は、
spectro coin(スペクロコイン)のウォレットです。

少額ですが、毎週入ってきているのが嬉しいです。


スペクロコインプリペイドカードがあって、
海外では3,000万台以上のATMで利用可能となっています。
残念ながら日本円には対応していません。


最近は仮想通貨で事件があったり、
規制がかかったりと、少し盛り下がっていていますが、
ブロックチェーンや仮想通貨はやっぱり画期的なイノベーションが起こると感じています。





仮想通貨が当たり前のように使われている日本が来る日は、そう遠くないのかも。



そんな将来に向けて、
仮想通貨の積み立て投資ができるzaifで少しずつ積み立てることはいい投資法です。

もしzaifを使うならNEMを買うのがオススメですね。
取引所でNEMを扱っているので、コインチェックのような交換所より手数料がかかりませんしね。



あんまり盛り上がってる時に仮想通貨を買い始めるとヤケるので、今がちょうど参入にいい時期かもしれませんね。

スポンサーリンク