公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有したい。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

【はじめての副業】これだけは覚えとけ。将来計画を立てることは億劫だけど、それでもやることが大切。

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20180827224636p:image

 

 

空前の副業ブームがきてますね。

 

ふと思い立ってイケハヤさんの仮想通貨ラジオ(Voicy)を通勤時間に聞いてみました。

 

Voicyは聴くだけでインプット出来るので、移動時間とか気が向いたら聞いています。

 

Voicyはアプリで聴けるラジオのようなもので、

個人が発信できる新しいメディアです。

ここ最近は使ってる人が増えてきた感じがします。

 

今回は新規事業でよくある失敗について話されてました。

 

新規事業っていうと企業がやる大きなビジネスをイメージされるかもしれませんが、ここでいう新規事業は、「個人がはじめてビジネスを立ち上げる場合や、はじめて副業をする場合」をイメージして頂きたいです。

 

まぁ、ある程度の規模の企業でも、結局は同じなんですけどね。

 

はじめての事業でやってはいけないこと3か条。

①複数人で立ち上げない

②将来の利益が見えないビジネスをしない

③撤退の時期を早く

 

①複数人で立ち上げない

複数人ではじめると、スピード感がなくなったり、ダラダラやってしまう可能性があります。

特に学生ベンチャー。

 


②将来の利益が見えないビジネスをしない

はじめる前に、ある程度長期で計画を立てないといけません。

どんなビジネスでも同じですし、企業でも同じです。

 

そこで将来性が見えないなら続けてもなかなか儲からない。

趣味でない限り、将来利益が出る見込みのある事業をすべきです。趣味なら好きにやればいいですが。

 

ここで、なぜ長期的な計画がいるのか?を一言で。

それは、多くのビジネスは儲かるまでに時間がかかるからです。

 

はじめは初期投資が多くなるのが一般的で、いきなりお客さんがつくことも少ない。

そんな状態で利益はなかなかでないでしょう。

 

そこで、これをあと1年続けたらお客さんがついて利益が出る体質になるのか?というのを真剣にかつ冷静に考えてみないといけません。

 

 

③撤退の時期を早く

撤退は早めにジャッジしましょう。

 

投資でも全く同じですよね。

セオリーは、損切りは早くです。

投資で損切りのタイミングが分からない人は、WealthNavi を使って全自動の資産運用をしてもらいましょう。

10万円から始められますし、投資初心者にはもってこいのサービスです。

また、個別株式投資派の人も無料の株管理アプリ『マイトレード』 を使って損益管理しましょう。何においてもPDCAが大切です。

 

AIは人間の感情が入らないので損切りのタイミングも明確です。

 

色々挑戦してみて、イメージと違うかったら辞めて違うことに挑戦する。

そんな軽いフットワークの人が伸びていくんでしょうね。

 

副業をしてみたいけど、よく分からない人は、プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」 というサービスもあるのでチェックしてみましょう。

このサービスで独立のキッカケを掴んだ人もいて、ライフスタイルに合わせて週1回や月1回から利用出来ることを売りにしています。

昔はなかなか無かったサービスです。

 

積極的に使えるものは使っていくのが良いと思います。

 

 

 

スポンサーリンク