公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有したい。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

大手監査法人で働くのに英語力は必須なのか?まずは、最優先事項を優先すべきでは?

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20180907084522p:image

 

大手監査法人に就職しようと考えている受験生からこんな質問を受けることがあります。

 

「監査法人では英語が必要ですか?勉強はしておいた方が良いですか?」

 

正直、正解はありませんが、やっておいた方がいいかと言われると、やっておいた方がいいです。

でも現状、英語が出来ないと仕事ができないかと言われると、全くそんなことはない。

英語ができない人もゴロゴロいるのも事実です。

 

大手監査法人の特徴といえば、海外の巨大ネットワークファーム。

これを積極的に利用したいのであれば、英語力は必須。

それに、監査法人でパートナーを目指すのであれば英語は出来ないと辛いでしょう。

英語ができないとパートナーに上がれない可能性だって高いです。

 

そういう意味ではやっておいた方が良いんでしょうね。

 

もともと、大手監査法人の監査マニュアルは海外から降りてきています。

 

トーマツであれば、デロイト

あずさであれば、KPMG

新日本であれば、EY

あらたであれば、PWC

 

それぞれ世界的に有名な会計事務所(Big4)のマニュアルを日本版に翻訳し、また、日本独自にアレンジして使用しています。

そうしないと、グローバルで共通品質の仕事ができなくなりますからね。

 人によってはグローバルのツールを英語のまま理解する強者もいます。。

 

少なくとも、海外で仕事がしたければ英語は必須ですし、英語を社内公用語としている会社や、これからしようとしている会社がたくさんあるのも事実です。

英語は世界共通のビジネス言語ですから。

 

一方で、絶対に必要か?と言われればそうとも言えません。

AIの能力がもっと発達すれば、タイムリーに言語を翻訳してくれて言葉の壁がなくなる日がくるかもしれません。

ドラえもんでいう「翻訳こんにゃく」です。

 

監査法人から出ていって独立する人にとっても、必須とはいえないかもしれません。

英語の勉強より優先すべきことがあるかもしれないので。

また、少なくとも地方で税理士業務をする分には、まだ英語が必要となる時代は近くないと思います。

 

そう考えると、英語力がいるかどうか?は自分のキャリアプラン次第ということになります。

 

ただ、将来的にビジネス環境がどう変わるかは誰も予想できません。

既にインターネットによって世界が1つにつながっています。

Skypeさえあれば、すぐに海外にいる人と通話できる時代です。

将来のことはわかりませんが、仕事をするには英語が必須になるという説を強く支持する層が一定数いることも事実です。

 

そういう意味では、

英語力は今は必須とまではいえないし、今は英語が全くできなくても全然不自由を感じずに監査法人で仕事ができます(そもそも英語ができない人に英語の仕事はふってきません)。

ただ、今後どうなるかはわからないので、「英語ができる」に越したことはない。

その一方で、英語はできる人に任せといて、自分は自分の強みを伸ばすのに時間を使った方がいいんじゃない?って思ってしまうのも事実です。

 

僕はまだその程度の感覚です。

 

少なくとも僕は今の仕事で全く英語は使っていません。。笑

英語力もないですが。。

 

先見の目を養うという意味では、英語をある程度マスターして海外の情報を自分でウォッチできるのが一番いいんでしょうね。

海外で流行ったものが日本に入ってくることって多いですから。

 

結局自分次第なので、将来のキャリアプランに沿って英語を勉強するかどうかを選択するのが一番だと思いますね。

 

この相談を海外赴任経験がある人や、英語ができる人にすると「絶対やった方がいいよ」っていう人の割合が圧倒的に増えてきます。

が、それも結局価値観の問題なんです。

 

アドバイスできるとすれば、少なくとも英語を勉強するなら「中途半端にやらずに徹底的にやれ」ということぐらいでしょうか。

中途半端にやるぐらいなら、やらなくたって実力は変わりません。

 

徹底的にやって、ある程度のレベルに達してはじめて使える力になるからです。

どの分野でも同じですよね。

 

 

最後は自分で決めること。

芯を強く持って、最優先事項を優先しましょう。

 

最優先事項っていうのは、期限が近いものというよりは、「期限は迫ってないけど長期的に自分に返ってくるようなこと」です。

 

英語もその1つではあるけど、その重要度は環境によって人それぞれです。

 

◇1年間で確実に成果を出したいなら

➡︎1年英語マスタープログラム「トライズ」

 

◇英語を使ってビジネスがしたい方へ

➡︎私の英語に、外国人が唸った。【ボンクラ式ビジネス英語スピーキング】

 

◇TOEICの点数を上げたいなら

➡︎TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH

 

 

スポンサーリンク