公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有したい。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

企業法(短答)の勉強法。これだけマスターすれば完璧!司法試験の勉強法を見習おう。

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20181105084209p:image

 

公認会計士試験のうち、短答式試験ではマークシート形式なので理論系(特に法律)については暗記が求められます。

 

企業法なんかは、短答式では点数を稼ぐ科目なので、僕も受験時代は結構がっつり勉強してました。

 

企業法は、会社法・商法・金融商品取引法がメインです。

とくに会社法の割合が多い。

 

財務会計などと違って、条文を覚えていれば結構答えを出せるのが法律科目の特徴です。

つまり、答えは1つしかない(弁護士レベルになれば違うかもしれませんが、会計士試験の短答式レベルではそう言えます)。

 

じゃぁ、条文の原文を読み込めばいいの?って話になりますが、それも結構敷居が高いです。

なぜなら、「○○条に該当する場合は、その限りでない」とかいう遠回しな書き方をしてるからです。。

 

ただ、会社法はそんなにボリュームが多くないので一回は条文を読んで欲しい。

それだけで全然レベルが変わってきます。

 

そんなややこしい会社法の勉強に強い味方がこの教材。

これだけマスターすれば十分すぎるぐらいです。

商法と書いてますが、会社法も載ってますよ。

この教材のいいところは、情報の網羅性。

これは会計士試験用に作られたものではなく、司法試験の短答式試験用に作られたもの。

条文と論点がセットで載っています。

 

僕はこれを受験時代に多用してました。

これ条文も読みやすいんです。

また、論点になりやすい判例も載ってる。

会計士試験に必要な論点がぎっしり詰まってて、各ポイントの論点は強調されています。

 

条文を直接読むのに苦労する人にも一役買いますよ。

なぜなら、さっき説明した「○○条に該当する場合は、その限りでない」という場合、○○条の後に該当する条文のタイトルを書いてくれています。

なので、わざわざその条文を見に行かなくても理解が出来ます。

 

さすが司法試験用に作られただけあって、教材のレベルは高いです。

 

ぼくもポケット六法よりも、これを使って勉強することが多かったので受験生にオススメです。

 

予備校の答練で出てきた論点は、この教材にマーカーを引いたり、教材自体に書き込んでいくと、試験の日はこれだけ持っていけばOKレベルになります。

苦手な論点は、付箋をつけておくとなおGOOD!

理論科目を勉強するには、マーカーと付箋は必須ですよ。

受験生にオススメ文房具は、この記事で紹介しています。

公認会計士受験生が必ず持っておくべきオススメ文房具7選! - 公認会計士わんころくんの人生戦略

 

 

短答式試験で間違えそうな論点もほぼ網羅されている教材なので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

 

◆今回紹介したオススメ教材。

ぼくの周りで成績の良い人達は結構な割合で使ってたので、紹介させてもらいました。

スポンサーリンク