公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

【会計士の転職】転職活動は面接をしながらキャリアを考えてみるのもアリだと思った件

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20190203173528p:plain


 

 

転職活動をしていると、自分の志望動機の説明や、キャリアプランの説明などをするだけでなく、転職活動先の企業からも会社説明をしていただけるのが一般的です。

 

転職活動をしている本人も、できるだけ自分の条件にあった企業に行きたいと思っているので、いろんな形でアピールをしますが、

受け入れる企業側も当然良い人材や、業務にマッチした人材を獲得したいわけなので、企業側も自社のアピールをしてくれます。

 

例えば、「あなたの現状のキャリアであれば、弊社ではこんなキャリアが積めますよ」など、積極的に説明してくれる企業もあります。

中には、こういった部門と兼務すれば、理想のキャリアプランを実現しやすいですよ、なんて言ってくれることも。

 

そういう意味では、転職活動の中で、キャリアを再考しながら進めていくこともアリなのかもしれません(ただし、ある程度はキャリアを考えた上で転職活動しないと、自分の軸がなくなってしまうので注意が必要ですが)。

 

時には、そこまで考えてなかったキャリアでも、面談中に話していると急に興味が湧いてくることもありえます。

 

例えば会計士の転職。

 

監査法人である程度キャリアを積んだので、次のキャリアアップとして税務やコンサルをやってみたいという方も多いでしょう。

でも監査法人での経験しかない場合、税務とコンサル業務をなかなかイメージできない中で、例えば税理士法人をターゲットに転職活動する人もいるでしょうし、コンサル会社をターゲットに転職活動をする人もいるでしょう。

 

例えば、税理士法人で、あなたのキャリアであれば資産税を中心にスキルアップを図りながら、再生業務など、会計士のキャリアが生きる方法もできますよ。とか、

コンサル会社でも、メインは会計士のキャリアを生かした財務系のコンサル業務をやりつつ、税務顧問業務もやることで税務の基礎実務も積めますよ。など、その人のキャリアにあった情報を提供してもらえます。

 

確かにあんまり考えてなかったけど、資産税とかいいかも!なんて思うこともあるかもしれません。

 

その中で一番自分にマッチした会社に転職できれば今後のキャリアが広がりますし、仕事のやりがいについても、より一層増えることでしょう。

 

転職活動で面接をする中でも知らなかった情報が聞けることも多いです。

僕自身もこういった経験ができたことで、「転職活動をしながらキャリアを再度考えてみる」というのは結構いいんじゃないかと思っています。

 

事前に準備をしっかりすることも、もちろん大切ですが、

実際に行動して経験しないと見えてこないことも当然あります。

 

興味が湧いたら、ぜひ積極的に動いていくクセをつけたいものです。

そのほうがワクワクしますよね。

 

 僕は会計士なので、会計士の転職について考える機会が当然多いです。

実際に転職の面談までせずとも、転職エージェントと面談してキャリア相談するだけでも、将来キャリアが見えてきたりする良いきっかけになります。

 

そういったサービスは是非積極的に利用すれば良いと思います。

登録者が転職エージェントからお金をとられることは、基本ないですしね。

転職エージェントは、基本的には転職が成約した企業から報酬をもらってビジネスをしていますので。

 

 

興味がある方のために、会計士の転職サイトについて紹介しておきますので、興味のある方はどうぞ。

 

 

≫会計士のおすすめ転職エージェント3選

 

  • マイナビ会計士

【マイナビ会計士に無料登録する】

 

  • ジャスネットキャリア

【ジャスネットキャリアに無料登録する】

 

  • MS-Japan

【MS-Japanに無料登録する】

 

 

関連記事もあわせてどうぞ。

 

 

スポンサーリンク