公認会計士わんころくんの人生戦略

若手公認会計士が綴る雑記ブログ。ブログを通じて役立つ知識や経験を共有。

「小規模宅地の特例」を利用すれば相続税が最大80%節税できる?!

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20190930215832p:image

 

 

不動産は価格が高く相続税納税義務者の多くが保有

相続税は財産が一定額以上相続する場合にかかる税金であることは紹介しました。

 

www.wankorokun.com

 

そんな相続税の支払義務者の多くは不動産を相続することが多いです。資産家の方は不動産をたくさん持たれている方も多いのが事実です。

 

そんな不動産ですが、継続的に居住するなどの一定要件の元に、相続税評価額を減額できるものがあります。(相続税の課税評価額が減額されることで支払う相続税も当然減少します)

 

今回はその部分について紹介しようと思います。

 

土地には相続税でも特例がある

土地を相続した場合、その土地の形状や、使途などによって特例が適用でき、相続税の節税になるものがいくつかあります。

 

例えば、

  • 小規模宅地等の特例
  • 地積規模の大きな宅地の評価特例
  • 不整形地の評価額調整
  • がけ地の評価
  • 無道路地

などです。

 

その中でも特にポピュラーなもので、適用できるのであれば使わないと絶対損なものと言えば、小規模宅地の特例です。

 

「小規模宅地の特例」を利用することで最大80%節税に?!

自宅を所有している人は最近は減少傾向にあるとはいえ、未だ多いと思います。

特にご高齢の方は土地建物の一軒家を代々所有している方も多いのが現実です。

 

そんな自宅の相続によって相続税の負担が大きいことで自宅等を手放さないといけないような状況にならないよう、相続税では特例として配慮されています。

それが「小規模宅地の特例」と言われる制度です。

 

例えば、さきほどの例だと、自宅を生前に保有し、居住していた夫(被相続人)が同居していた妻や息子に自宅を相続するとします。

その場合、「小規模宅地の特例」を使うことで、土地面積の330㎡までの部分に対応した金額を80%減額してくれる特例があります。

これは利用しないと損ですよね。

 

ただし、妻に相続した場合、二次相続(妻が亡くなる次の相続)や、配偶者控除(配偶者に相続した場合、最大1.6億円まで非課税)の関係から、同居している子に相続した方が有利になるケースもありますので注意が必要です。

このあたりは専門の税理士に相談しておくことが無難です。

相続税は支払額が大きくなる傾向にある分、方法によっては納税額が大幅に変わってくるケースも多いのです。

 

そのほかにも、法人の貸付事業用の宅地であった場合にも「貸付事業用宅地」として、土地面積の200㎡までの部分に対応した金額を50%減額してれる特例もあります。

 

さらに、非常に面積の大きな自宅の場合、小規模宅地の特例に加えて、「地積規模の大きな宅地の評価」も併用することでさらに節税メリットが生じる場合もあります。

このテーマについては、別の記事でも紹介しました。

www.wankorokun.com

 

相続税を扱える税理士は少ない?

実は相続税などの資産税を扱える税理士が少ないのが現状です。一昔前に比べれば情報が入手し易くなった分、相続税を専門に扱う税理士も増えてきましたが、それでもまだまだ少ないと思います。

実際、個人で独立している税理士で相続税の詳細を把握している税理士は少ない方だと思います(実際、自分の周りでもそうです)。

 

そういう意味でも相続税はある種「特殊な税金」と言って良いでしょう。

 

例えるならば、一般歯科と矯正専門医のどちらが歯列矯正に向いているか?というのと同じです。

 

相続も可能であれば、相続税に強みを持った税理士を探すことをオススメします。

相続税に強い税理士であれば、生前の相続税対策なども対応しています。

 

安易な意思決定をしないよう、税理士にしっかりと相談しましょう

税金に関しては知らないことで損する制度がたくさんあります。

相続税でいえば、相続時精算課税制度や、小規模宅地の特例などはその最たる例です。

相続時精算課税制度に至っては、一度適用すると二度と暦年課税に戻すことができない制度となっていますので慎重な判断が必要です。

 

また、税理士であれば誰でもすべての税法に精通しているとも限らないのです。

当然、お医者さんでいうところの「内科」「小児科」「整形外科」「眼科」などと同じように、税理士にも得意・不得意があります。

 

要望にあった税理士を検索できるサイト(税理士ドットコム)もありますので、その分野で信頼できる税理士を探しやすい時代になりました。

 

税理士ドットコムでは、利用ユーザーの7割が顧問報酬の引き下げに成功しているという実績もありますので、特に、現状の税理士に価格面・サービス面で不満のある方にはオススメできるサイトです。

 

 ➡︎税理士ドットコムの公式サイトをチェック

 

 

 

スポンサーリンク