公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有したい。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

実生(みしょう)とは?実生のメリット。実は、ダイソーのパキラは実生が多い。

スポンサーリンク

実生(みしょう)とは、一般的に種子から発芽した植物のことをいいます。

 

僕も好きで観葉植物が家にあるのですが、

最近よく雑貨屋さんで売ってる観葉植物にも実生から育てたものと挿し木(ざっくり言うと成長した枝部分などを切って根を生やしたやつ)のものがあります。

 

僕も専門家ではないので詳しくはわからないですが、実生は種から発芽したものなので根の張りがよく、一般的に成長も良いと言われています。

当然といえば当然な気がします。

種から育てた植物が、成長した植物のクローン(?)に成長速度が負けたら悔しいですよね。笑

理由になってませんが。。

 

僕の好きな観葉植物の一つのパキラで言うと、

実生のものは幹の根元がぷっくりしています。

しかも実生でないと実がならないとも言われています。

パキラ含め観葉植物は南米や東南アジアなどの暖かい地域のものが多いので、日本の冬には弱いものも多いため、日本では年中庭で育てるのは難しいのも多いですね。

 

そんなこともあり、個人的には実生の観葉植物が好きです。

でも当然種から育ったばっかりの植物が立派になるまではすごい月日がかかりますが。。。

 

ちなみにうちのパキラを紹介するとこんな感じです。いくつかあるうちの一つです。

f:id:wankorokun:20180307210408j:image

剪定とかしてるので少し葉が少ないですが。。笑

 

ちなみに買った時はこれぐらいの大きさでした。

f:id:wankorokun:20180307210701j:image

幹のしたのほうに双葉がついていますよね?

これがパキラでいうところの実生の証拠のようです。

ちなみにこれ、ダイソーで手に入ります!!

 

実生パキラは結構レアなので人気が高く売ってないことも多いです。

なのでダイソーにあったら買っちゃうんですよね。。笑

 

ちなみに上の画像は去年の夏頃の写真なので、また最近の写真を撮ったらアップしようと思います。

 

ではまた。

スポンサーリンク