公認会計士が考える人生戦略ブログ

公認会計士・税理士が仕事や受験を通じて学んだ知識・価値観・生活観を中心に発信するブログ

公認会計士と税理士のどっちを目指すべきか?

この業界にいると、これから公認会計士や税理士を目指すかどうか迷っている方から質問をいただくケースが時々あります。 これから受験を始める方で、簿記の勉強を一通りした程度という方からの質問で多いのが「公認会計士と税理士のどちらが良いでしょうか?…

相続税は二次相続も意識した遺産分割を。トータルの税額を考えないと3代で貧乏に?

相続を行う際には、遺言書がなければ法定相続人間で遺産分割協議を行い、遺産の取得者を決定します。 すなわち、遺産分割は相続人間の話し合いにより決まります。 仮に相続税がかからなかったとしても、遺産分割は必要ですが、特に相続税がかかる場合には、…

【相続税の預金調査】税務署は過去10年分の預金移動を調査する?!

相続税申告にあたって、預金通帳の動きは非常に重要です。 今回は、相続税と預金の関係について簡単に説明します。 税務調査で預金が見られるのはなぜ? 使途の調査 名義預金の調査 生前贈与加算の調査 過去10年分の預金の動きが見られている? 税務調査で預…

【相続の落とし穴】遺言で賃貸不動産をもらった孫がアパートローンを承継できない!?

相続税の仕事に多く携わっていると、ほんとうに様々なシチュエーションに遭遇します。 今回は遺言書で見た失敗事例を紹介します。 遺言書があれば法定相続人以外の人にも財産を承継できる 相続人と受遺者を理解する 特定受遺者は債務控除できない 孫に賃貸不…

被相続人の略歴書から見えてくる財産内容

相続税申告をする際には、「被相続人の略歴書」を参考資料として添付します。 被相続人の略歴書には、亡くなった方の出身地、職歴、入院履歴など、いわゆるプロフィールを記入します。 このプロフィールを相続税申告書に参考資料として添付して税務署に提出…

「独立するなら今だよ」創業50年の税理士先生から言われた話

多くの税理士や会計士が独立開業について日々悩んでいることでしょう。 私自身も例外ではなくその一人といえます。 そんなこともあり、今はブログのアウトプット頻度が減ってしまっていますが、その分、インプットとブレインストーミングの時間を多く取って…

【相続税】ゆうちょ銀行の口座を財産計上しているか?税務調査の勘所

相続税の申告にあたっては、被相続人の財産内容を調査することが必要です。 その中でも、預貯金はほぼ全員の人が持っている財産です(預貯金が全くない人は、いないと思いますし、少なくとも私は見たことがありません)。 そんな預貯金は、税務調査の際にも…

土地評価の計算方法・税金仕組みを解説【初心者にもわかる】

家の購入を考えている方は、土地を探す機会もあることでしょう。 土地のような不動産は、利用する場面によって評価額(値段)が変わってきます。 例えば、売買する際の金額と、税金計算をする際の金額は異なります。これは知っておくことで節税対策にもつか…

【相続税申告】イメージをつかむ!非上場株式の評価方法の流れを解説。

会社のオーナー(株主)に相続が発生した場合には、持っていた株式に対しても相続税が課税されることがあります。 株主には以下の2つのパターンがあります。 上場会社の株主 非上場会社の株主 前者の上場会社の株主になるには、証券口座を開設し、株式を購…

経営者は、PLよりもBSを見ないといけない

商売をしていると、利益の金額に目が行きがちです。 もちろん、利益を出すことは短期的に大切なことです。しかし、会計を学んだことのない多くの経営者は、利益さえ出ていれば良いという錯覚に陥りがちです。 また、ちょっと会計をかじったことのある人や、…

スポンサーリンク