公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

室内で家庭菜園を楽しめるキット3選。IoTでドラえもん時代へ?!

スポンサーリンク

家庭菜園キットをつかうと簡単に野菜が育てられる?!

家庭菜園のキットを使うと、家の中でも家庭菜園がたのしめるんですね。

おそらくこれからもっと精度の高いのもいっぱいでてくるんでしょうね。
まさにIoTの技術。

例えば、水や肥料の切れるタイミング、
植物が弱ってるサイン、
どのタイミングでどんな世話をしたら一番効率よく育つか

なんてことも、将来的には遠隔操作できて
当たり前にスマホで管理できる、
そんな時代がくるような気がします。


Amazonで調べてみると、
いくつか栽培キットがありました。

IoTでスマホと連携「やさい物語」

これはスマホを使って、簡単に野菜が育てられることをコンセプトにしているようです。
スタイリッシュですね。


インテリアに映える「Green Farm」

これはスマホで遠隔監視とかいう機能はないようですが、
換気ファンがついていたり、
給水のタイミングがわかる水位フロート
花の鑑賞用に使える花モード
3台まで重ねてたくさん栽培

なんかもできるようです。

リーフレタスを育てるのにいいですね。


かわいいキューブタイプもあるようです。



最新機能が満載の「foop Llte」

これが調べた中では1番進んでると思いました。
スマート菜園って言葉がほんとにあってます。

アプリで管理できます。
収穫タイミングや手入れなんかもスマホが知らせてくれるようです。

foop

foop

  • ADDTRON TECHNOLOGY K.K.
  • フード/ドリンク
  • 無料

野菜の状態もアイコンでわかる。

ちなみにAmazonには売ってないようでした。
公式ホームページはこちら。
the Smart IoT Farming at Home! | IoT水耕栽培機「foop」

いや、すばらしい。
こんな時代になったんですね。
見てると欲しくなってきました。笑

ほんと、
ドラえもんの世界みたい。


これがもっともっと進化していくと、
もう種を植えるだけで、あとはロボットが野菜を育て上げてくれる
なんてことも出来るようになるのかもしれません。


でも、便利な反面、少し寂しいですね。
畑で汗水垂らして育てた野菜の方が気分的には美味しい気もします。

栄養価はどうなんでしょうね。


個人的には
foop Liteが欲しい。笑
でもちょっと高いかな。。


いっぱい製品が出てくるとこれも価格競争が起こって、
将来的には安くなるのかもしれませんね。

スポンサーリンク