公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有したい。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

フェイクニュースの猛威。知らないうちにデマを流さないように気をつけよう。

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20180326085042p:image

フェイクニュースが最近話題になっています。

 

フェイクニュースとは?

フェイクニュースは、虚偽の報道と日本語では訳されます。

2016年のアメリカ大統領選挙で話題になりましたが、政治的な目的のためや、お金を得るための広告収入のため、様々な形でフェイクニュースが流されています。

 

フェイクニュースってわざとやってるの?

フェイクニュースって、デマを流すことなんだけど、これは意図的にやってる場合は完全な悪質犯罪なんだけど、気づかないうちに流してしまっている場合もあるってこと。

悪質なタイプは、多分フェイクニュース流すと、みんな群がって反応しやすいからだろうね。

ネットの匿名性を活かして、ウソだけど盛り上がる情報や炎上する情報を流すことで多くの人が意見してくれる。

それで名前を売ったりするんだよね。

 

意図しない場合っていうのは、誤解から来ることが多い。

みんな悪いことをしようって思ってるわけじゃないけど、「○○なんだって〜!」って情報が知らないうちに回っていって、しかも少しずつ形を変えながら拡散されていく。

昔やったよね、伝言ゲーム。まさにそれ。

ネットを活用するひとは誰しもが気をつけないといけないと思う。

こんなことに巻き込まれて多くの人が、貴重な時間を奪われたり、

火消しにかかる人だって膨大な時間とコストを費やしている。

情報を取捨選択する力をつけること、フェイクニュースを知らず知らずのうちに流さないように勉強すること。

 

難しいことだけど、ちょっとした気遣いをしていかないといけないなーって思った。

 

もし、これおかしいんじゃない?ってもし記事で思うことがあればご指摘ください。

 

関連記事はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

スポンサーリンク