公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有したい。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

【不妊治療】タイミング法からステップアップして、はじめての人工授精へ。これノンフィクションです。

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20180829205059p:plain

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。 わんころくん(@wankorokun_0707 )です。

 

 

2018年8月28日、はじめての人工授精の日です。緊張の日。

(お前がなんで緊張するねん!っていうツッコミはやめてね)

 

結婚して数年経ってもなかなか妊娠しない夫婦の多くが、不妊治療をしています。

我が家もその夫婦。

 

 

不妊治療の最初のステップは「タイミング法」といって、その名の通り、排卵の時期に合わせてタイミングをとる方法です。基礎体温法ともいいますよね。

排卵の1日〜2日前がベストタイミングだ!って書いているのも見ました。

 

それでも妊娠できない場合には、フーナーテストや精液検査など、いろんな検査をしつつ、それでも難しい場合に次のステップ、「人工授精」に移ります。

 

簡単に妊娠する人もいれば、なかなか恵まれない人もいますが、こればっかりは誰に文句を言っても解決する問題でもないので、夫婦で乗り切るしかありません。

 

うちの奥さんは色んな不妊治療の本を読んで勉強していました。

僕も読みなさい!って言われて読みました。

 

 

 

うちは不妊治療を長らくやっていますが、1度だけタイミング法で妊娠に成功しました。

タイミングに合わせて「セキソビット」という排卵誘発剤を使いました。

セキソビットは、比較的副作用が少ない薬でその分効果も弱めのようですが、うちの奥さんには合わなかったようで、吐き気がしたり体調を崩すこともしばしば。。。

 

奥さんもまだ20代で年齢は若いのですが、子宮内膜症の1つである「チョコレート嚢腫」が見つかり、妊娠しにくい体質だと言われました。

そのチョコレート嚢腫を手術で摘出し、しばらくしてタイミング法を使って様子をみたところ妊娠に成功!

信じられなかったけど、すごく嬉しかった記憶があります。

 

 

チョコレート嚢腫は、子宮内膜症なので腫瘍があることになりますが、基本的に良性の腫瘍なので妊娠することが1番の治療にもなるようです。

チョコレート嚢腫は、生理の際に出血した血が固まってしまうことで出来るので、生理がこないようにすること、つまり「妊娠すること」が1番の治療法ですよ、と病院の先生に言われました。

 

僕も知らない間に、不妊治療の知識が少しずつついてきています。笑

不妊治療の原因の半分は男性にあるとも言われているので、男性も気をつけた方がいいですよ。

もし、気になったらとりあえず精液検査をしてみましょう。

 

 

そんなこんなで苦労しながらやっとの思いで妊娠出来たのですが、ちょうど母子手帳がもらった後ぐらいですかね、、流産してしまいました。

稽留流産という種類の流産で、赤ちゃんを取り出す必要がありました。

 

僕も辛かったですが、奥さんは自分の体に宿った命だったのでもっと辛かったと思います。。

 

 

そのあと、奥さんは精神的にも不安定になり、精神科にも一緒に行って「パニック障害」と診断された時期もありました。

こうなると電車に乗るのも怖くなるんだそうです。

そんなときには、夫が近くにいるのが一番ですが、僕はいつも仕事が遅くなって申し訳ない日々でした。。

こういうときにフリーランスは利点がありますよね。

 

 

いまは、この頃を思い出せば少しずつ元気になってきていますが、まだ全快ではないです。

 

 

流産したあとは、しばらく妊活もストップしていたのですが、最近また検査に行くと、チョコレート嚢腫が再発。。。

 

 

そんなこともあり、やっぱり赤ちゃんも欲しいよね。という話し合いもあり再び不妊治療を始めたのです。

 

 

今回もタイミング法からはじめましたが、なかなか上手くいきませんでした。

そんな苦労しながら不妊治療をしている中、こんなときに限って周りからは妊娠の報告がくるんですよね。。。

人生は厳しいです。

 

 

多くの人が、不妊治療している人に無責任なアドバイスをしていたりしますが、あれは絶対にやめたほうがいい。

ほんと、一生嫌われますよ。

 

「辛いよね、気持ちわかるよ。」もダメです。

厳しい言い方かもしれませんが、自分がなってもないのにわかるわけがないです。

言われた方は、いろんな感情が混じって余計にイライラします。

奥さんを見ていてそんな状態を何回も見てきました。。

 

 

そして今回、病院の先生から、そろそろステップアップしようか、という話もされ人工授精をすることになりました。

 

 人工授精をするには、まず精液を洗浄して運動率の良いものだけをピックアップします。そして元気な精子のみをカテーテルを使って注入します。

人工授精で成功する確率は5〜10%程度のようです。

自然妊娠をしにくい人が人工授精をするから、やっぱりそこまで確率は高くないようですね。。。

費用も1万円〜3万円程度。我が家は今回1万5千円程度でした。

 

人工授精自体は、ほんと1分もかからないぐらいで終わると言ってました。

ネットでは痛みがほとんどないと書いているところが多かったのですが、奥さんは痛いよ、、、って言ってます。

ツーンってするんだって。アイスを食べた時みたいな感じなのかな?

それはキーンか。。

男性にはよくわからない痛みなのかもしれません。

 

 

とにかくはじめてのこともあって、色々大変な1日でしたがいい結果が出たらいいなぁ。

でも期待しすぎるのもダメな気がする。

気長に待ちます。

 

 

不妊治療について、色んな話を奥さんとするようになったので、僕も不妊に良いものを色々知るようになりました。

 

例えば、葉酸。これは赤ちゃんの成長に欠かせないようです。

妊娠がわかったらまず葉酸サプリを買いましょう、と書いてる雑誌もありました。

葉酸サプリもいろんな種類が販売されています。

 

  

 

 

男性 妊活 サプリメント も販売されています。

 

まだまだ悩みは尽きそうにないですが、夫婦でぼちぼち乗り切ります!

 

不妊治療をしている夫婦は我が家と同じような悩みがあるのかなぁ。

 

 

スポンサーリンク