公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有したい。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

【夢を語る】「行きつけの店」が欲しい人へ。うまい作り方。数より期間で勝負。

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20180908182234p:plain

 

 

行きつけの店ってあればかっこよくないですか?

 

特に独立してビジネスしている士業の方や、自営業の方なんかはお客さんを連れていく「行きつけの(ひいきにしてくれる)店」が近くにあれば助かりますよね。

 

そんな店を作るにはどうすればいいのでしょうか。

 

多くの人は「とりあえず通い続ける」ことを考えるでしょう。

実はそれだけでは不十分です。

 

そもそも店選びを間違えると意味ないので、基本的に行きつけの店を作りたければ「個人営業でやってるようなこじんまりした隠れ家的存在の店」を選んだ方がいいでしょう。

極端な話、吉野家に通いつめて行きつけになったって、そんなにメリットはありません。。笑

 

できればお酒が美味しい隠れ家的居酒屋とか、家庭的な料理が楽しめるダイニングバーとかが個人的にはおすすめです。

 

では、肝心の「行きつけの店」にするにはどうすればいいか?

答えはシンプルで1つだけ。

 

「毎日2週間通い続けること」です。

毎日1ヶ月通い続けられるのであれば尚良いです。

 

いや、通い続けてるだけやん。って思うでしょ?

違うんです。

ポイントは「毎日」通うことです。もちろん、1日も欠かさず毎晩通うんです。

 

お店の人の立場に立ってみてください。

例えば、毎月第3日曜日の夜に必ず通って1年になる常連さんAさんと、

毎晩通って2週間になるBさん。

どっちが印象に残るでしょうか。

僕が店の人なら確実にBさんを優遇します。

 

Aさんは1年もの間、毎月必ず訪れますが、1年間で店に訪問した回数は12回です。

一方、Bさんは初めて店に顔をだして2週間しか経っていませんが、既に14回も通っているのです。

数もそうですが、「短期間に、より何回も会う人」の方が印象に残るのです。

 

行きつけの店を効率よく作りたければ「毎日」通って、そこのオーナーやおかみさんと仲良くなってみましょう。

おそらく1年間毎月1回通うより印象に残るでしょう。

 

そんな戦略的にいきつけの店をつくったって仕方ない。という考えの人もいるでしょう。

それはそれで良いと思います。価値観は人それぞれですので。

 

ただ、近所に良い店があって、ここぞという時(例えば商談のための接待)に使いたいと思える店があった場合は毎日通い詰めてみましょう。

見えなかった世界が見えてくるかもしれませんよ。

 

お店側としても、毎日通ってくれる人がいるのは嬉しいもんです。

ただし、愛想良くしましょうね。笑

 

もちろん、1年毎月通っている人は、半年に1回2年通っている人より印象に残ります。

 

なのでポイントはこれだけ。

 

「短期間にたくさんの回数顔を合わせること」

 

波長が会う人であれば、これだけで自然と親近感が湧くものです。

これは心理学的には「単純接触効果」といいます。

専門的に横文字を使うと「ザイオンス効果」

つまり、同じ人(もしくは物)に接触する回数が増えるほど次第に好印象を持つようになる、という現象です。

 

この現象をうまく利用するのが、「行きつけの店」をつくるコツです。

 

ぜひ試してみてください。

 

 

応用すれば、ブログやメルマガも同じです。

毎日更新しているブログを見ていると、自然とそのブロガーの方に親近感が湧くものです(内容にもよりますが)。

 

いずれにせよ、覚えておいて損はないでしょうね。

 

 

スポンサーリンク