公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

【サクッと解説】税金計算でよく聞く経費って?落とすってどういう意味?

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20181220081742p:image

 

税金対策で経費に落としました〜とかよく聞きますよね。

 

どういうことか理解できていますか?

 

この計算、法人化しているかどうかで話が少し変わってきます。

法人化している場合は主に法人税計算

法人化していない個人事業主(自営業)の場合は主に所得税計算をして税金を支払わなければいけません。

 

これについて、中学生でもわかるように超ざっくり、サクッと説明します。

 

 

法人の税金計算について(超ざっくりver.)

法人化している場合は、会社の利益に対して税金がかかります。

厳密には、会社の会計上の利益から税務調整をして、法人税法上の利益である「所得」に対して税金がかかります。

 

つまり、所得が低ければ払う税金が少なくて済むのです。

 

 

所得の計算は、ざっくり言えば、会計上(つまり決算書上)の純利益から、

損金不算入(会計上は費用だけど、税務的には費用にならないもの)などを調整するのです。

 

法人税法上の費用のことを「損金」というと考えておけばイメージがつきやすいでしょう。

 

つまり法人の場合は、損金になるものが多いほど支払う税金が少なくて済みます。

 

法人の場合、所得を減らすために損金に算入することを指して「経費で落とす」ということが多いです。

 

 

個人の税金計算について(超ざっくりver.)

自営業の場合は、主にその事業にかかった所得(事業所得)に対して税金がかかります。

その事業所得を計算するにあたって、必要経費を差し引きます。

 

厳密には、

事業所得=総収入金額−必要経費

 

となるので、売上をいっぱいあげても、その分必要経費が多いほど、税金計算の対象となる所得が下がるのです。

極端な話、所得がゼロであれば事業所得に対して税金はかかりません。

個人の方はこれを指して「経費で落とす」と言っています。

 

必要経費の範囲については、

ざっくり言えば、「その収入を得るために必要だからかかった費用」です。

 

例えば、売上を上げるために広告を打てば、それにかかったお金は経費で落ちます。

 

細かいところは個別判断になりますが。

 

 

どうですか?

税金に拒絶反応がある人でも、これぐらいのイメージは持っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク