公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。ブログを通じて知識や経験を共有。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

地方の実家を相続して大変になるケース【知らないと損】

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20190629143127p:image

 

 

地方の実家相続は良くあること

少子高齢化に伴う空き家問題がさらに深刻化すると言われている中、地方出身の方(特に長男)は、地方の実家を相続することは良くあり得る話でしょう。

 

ちょっと知ってるか知らないかだけで負担が大きく変わるのが税金の怖いところ。

 

今回は、そんな不動産にかかる固定資産税について少し触れたいと思います。

 

更地にすると増加する固定資産税の罠

 

住宅用地(居住するための家を建てるために使う土地)の場合、税法では固定資産税が「住宅用地の軽減措置」という形で優遇されています。

具体的には、敷地面積が200㎡以内であれば、固定資産税が最大6分の1まで減額され、

200㎡を超える部分についても3分の1まで軽減されるのです。

これが直接的な理由かどうかは分かりませんが、空き家が増えてきていることも、多少はこの軽減措置に関係しているのかもしれません。

 

逆に言えば、更地にしてしまうと、固定資産税負担が最大6倍に膨れあがってしまうリスクもあるのです。

 

古すぎる住宅を空き家のまま放っておくのも、また別の問題が発生しますが、地方の実家を相続する場合に、建物が少し古いしとりあえず解体しておこう。とは安易に考えない方が得策です。

更地の相続した実家の土地に対して、毎年固定資産税負担が重くのしかかる可能性もあるからです。

色んな想定されるケースを比較して、1番メリットのある方法を選ぶようにしましょう。

 

固定資産税には、住宅用地の軽減措置があることを知っておくだけでも役にたつことがあるかもしれません。

スポンサーリンク