公認会計士わんころくんの人生戦略

若手公認会計士が綴る雑記ブログ。ブログを通じて役立つ知識や経験を共有。

メルカリ転売で逮捕者が続出?!せどり・転売で稼いでいる人は、古物商の許可を取りましょう。

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20190227185917p:image

 

最近ニュースでも良く取り上げられる「メルカリ」。

 

不要になったものを手軽に販売できるフリマアプリです。

これを利用して稼いでいる人は多いのではないでしょうか?

 

そんなメルカリで逮捕者が続出しているようです。今朝のニュースでもやっていました。

 

商売をするなら、しっかりと関係法規を理解してからやらないといけませんね。

 

メルカリで違法にならないように、メルカリサイトの注意点が書かれたページはくまなく目を通しておくことをオススメします。

 

 

転売で逮捕?メルカリで転売は違法なの?

 

結論から言うと、転売は違法ではありません。

転売が違法なら、メルカリで販売している方の多くが違法になってしまいます。

 

メルカリガイドに禁止行為が詳しく載っていますので、出品する方は、必ず目を通しましょう。

【メルカリガイドの禁止事項を確認する】

 

知らずに違法にならないように、販売する物が本当に売っても大丈夫なものか?を調べておく必要があります。

知らなかったでは済まされないのが法律です。

 

例えば、お酒の販売。

珍しくお酒を売ろうと考える人もいるかもしれませんが、お酒を販売して商売する場合は酒類免許が必要です。

また、お酒を置いておくには蔵置免許がいります。

 

自分が売ろうと思っているものが、法令で規制されていないか、一度チェックすることをおすすめします。

 

転売の逮捕者は、「古物商」の許可を取っていない場合も

中古品を買って転売する商売をするには、古物商の許可証を取得する必要があります。

 

メルカリで大量に販売して利益を出している方の中には、この古物商の許可を取らずに中古品をたくさん購入・販売して多額の利益を得ていた結果、逮捕に繋がったという事例が多いようです。

 

転売自体は違法でもなんでもないですが、

ビジネスとしてする場合は、しっかりと許可を取りましょう。

 

では、自分が使っていたものがいらなくなったから売ってたら、いつの間にかそれなりの金額になっていた、という場合はどうでしょうか。

 

基本的には、自分が使うために購入したものを、いらなくなったので転売する場合は、古物商の許可は不要です。

これが許可が必要だと言い出したら、そもそもフリマアプリのメルカリ自体が成り立ちません。笑

 

利益が出たら所得税の税務申告もしましょう

中には、副業で稼ぐためにメルカリに精を出している人もいるでしょう。

 

ある程度利益が出たらしっかりと所得税の税務申告をしましょう。

申告漏れは、脱税とみなされても仕方ありません。

 

事業所得になるのか、譲渡所得になるのか、

はたまた雑所得になるのか、

気になる方は税理士に相談してみてください。

何を売っているのか?商売としてやっているのか?

状況によって所得税区分が変わってきます。

 

ある程度利益がでたら、といってもいくらでしょうか。

具体的には、サラリーマンの場合は、副業で得た所得金額が年間20万円を超えると確定申告が必要です。

20万円未満なら、申告したらダメなのか?というと、そんなことはありません。

ただし、20万円未満の場合は納める税金が少額なので申告不要と例外的に認められているのです。

 

よくわからないけど、結構稼いでしまっている、という方は一度税理士に相談しましょう。

 

近くに知り合いの税理士がいない方も、無料紹介サービスがあるので活用してみましょう。

 

【全国の税理士無料紹介 タックスコムを見てみる】

 

 

スポンサーリンク