公認会計士わんころくんの人生戦略

若手公認会計士が綴る雑記ブログ。ブログを通じて役立つ知識や経験を共有。

Amazonプライムで観たアニメ『僕だけがいない街』の感想。大切なのは、なりふり構わず「信じる力」

スポンサーリンク

f:id:wankorokun:20190723224300p:image

 

 

Amazonプライムビデオで映画やアニメを鑑賞中

Amazonプライム会員に入っている僕は、スキマ時間や暇な時間でAmazonプライム・ビデオを観ています。夜の寝る前とかが多いかな?

夜にアニメを見始めると、なかなか寝れなくなってしまうのがネックなんですけどね。。

 

そんなAmazonプライム・ビデオ。Amazonプライム会員であれば、結構たくさんの映画やアニメが見放題♪

映画好きにはたまらんのです。

ただ注意点は、最新作などはレンタルになるから無料では観れない点。

そこさえ我慢すれば結構使えるサービスです。

会員はビデオだけでなくて、音楽も聴けるし、会員セールもあるのも魅力的。

GAFAの戦略にまんまとハマっている現代人です。。笑

【AmazonサイトへGo!】

 

【関連記事】

www.wankorokun.com

 

アニメ『僕だけがいない街』は面白い

 

f:id:wankorokun:20190723230431p:plain

ツイッターでも高評価♪

 

Amazonプライムビデオで新海誠監督のアニメ映画を手当たり次第に観てたのですが、

ふと「ほかにも面白いアニメないかなぁ〜」なんて思いながら探していると『僕だけがいない街』を発見。

1話だけ見ようと思っていたけど、結局最終話まで見入ってしまいました。笑

いまさら?という声もあるかもしれませんが、はじめて観ました。

 

観た感想を率直に言えば、「面白かった!オススメ!」です。

 

ざくっと内容を書くと、

ある29歳の青年は「リバイバル」という名のタイムスリップを経験するのです。

特に悪いことが起こりそうなときに、起こる直前にリバイバルすることで危険を察知する主人公。

書きすぎるとネタバレすぎるので詳しくは書きませんが、アニメを通じて「人生一度きりなんだから、本当に今を大切にしないといけないよ。今の行動が将来のあらゆることに繋がるんだからね」と言われているような気がしました。

 

小・中学生でこれだけ素直になれたらよかった

主人公はあることがきっかけで、小学生時代までリバイバルするのですが、リバイバルを通じて、当時は見えてなかった景色が見えるようになり、世界観が変わっていきます。

みなさん経験済だと思いますが、小学生の頃ってあんまり周りのことちゃんと観察できてないですよね。。しかも、恥ずかしくて周りの目ばっかり気にしてしまう。。

例えば、クラスでひとりぼっちの子がいたからって積極的に友達になろうとするタイプの子も少数派ではないでしょうか?

小学生の頃って周りの目を気にしてしまって、素直になったり、踏み込んだり、心から信じたり、といったことってなかなか難しい。

 

別の物語だけど、ベストセラー『君たちはどう生きるか』の主人公コペル君も同じような悩みを持った話をしていたように思います。

 

【関連記事】

www.wankorokun.com

 

 

このアニメ『僕だけがいない街』でも主人公はリバイバルを通じて、今まで見えてなかった景色を見ることになる。かつては「無難な人気者」になれるように演じていた自分の殻を破る姿が、名探偵コナンに出てくるような事件を通して展開していきます。笑

 

ぜひ自分の幼い時代を思い返しながら観て欲しいアニメですね。

みなさんは、素直に自分の気持ちをストレートに伝えられる子供時代だったでしょうか?僕はちょっと違ったかな。。周りの目を気にしていた典型的な日本人タイプだった気がする。。

我が子の教育のあり方も考えさせられるような内容ですね。

 

耳に残る北海道の方言「したっけ〜!」

このアニメ、舞台は北海道。

アニメの中で小学生は「バイバイ!」という言葉を「したっけ〜!」と言います。

北海道の方言で、「じゃあね」「またね」といった意味で「したっけ」と使うようです。方言っていいですね。耳に残ります。

 

大人になってからアニメを見るのも結構学びがあるもんです。

 

Amazonプライム、オススメです。

 

 したっけ〜!

スポンサーリンク